ホワイトバーチ ボディオイルはセルライトに効く?成分から分析

セルライトに効くと評判の「ホワイトバーチボディオイル」は、本当にセルライトを減らすことができるのか、成分とその効果から分析してみました。シェイプアップに効果的な使い方も紹介しています。

ホワイトバーチボディオイルは、日本で2005年から発売されています。2012年12月に「ホワイトバーチボディシェイプオイル」から「ホワイトバーチボディオイル」に名称変更しています。変更前のパッケージラベルには、「Birch Cellulite Oil(バーチセルライトオイル)」と表記されていました。成分は2005年から変わっていないようです。

スポンサーリンク
koureimama336x280

ホワイトバーチ ボディオイルの全成分

ホワイトバーチ ボディオイル
ホワイトバーチ ボディオイル

ホワイトバーチ ボディオイルのメーカー「Weleda(ヴェレダ)」の公式オンラインショップから、配合成分を見てみました。

<配合成分>
アンズ核油、ホホバ種子油、コムギ胚芽油、香料、ヨーロッパシラカバ葉エキス、リモネン、ブッチャーブルーム根エキス、ローズマリー葉エキス

油がほとんどで、そのほかは植物エキスなどが入っているのがわかります。製品説明には、ヒップや太もも・二の腕まわりの肌のざらつきをケアするために開発されたボディマッサージ用オイルと書かれています。また同じく製品説明によると、この化粧品を使用することによって目指すところはマッサージするごとになめらかでハリのある肌へと導くことと明記しています。

一方で上に紹介した公式HP掲載のレビューには、むくみ対策に使用して効果ありという内容や、スリミング効果に期待しているという内容のものがありました。

そこでむくみの解消やスリミング効果への期待に応え得る製品なのかを探るために、配合成分とその働きについて調査し、その上で私の考えを述べたいと思います。

ホワイトバーチ ボディオイルの全成分を詳しく見てみよう

成分それぞれに期待する効果という視点で整理してみると、次のようになります。

  • 血行促進

    コムギ胚芽油*

  • 収れん・引き締め

    ヨーロッパシラカバ葉エキス(血行促進も)
    ブッチャーブルーム根エキス(血行促進も)
    ローズマリー葉エキス(血行促進も)

  • 皮膚コンディショニング(保湿や抗炎症作用で肌の状態を整える)

    アンズ核油
    ホホバ種子油

  • 香料

    リモネン(血行促進も)
    香料

*コムギ胚芽油:小麦アレルギーの人は、要注意。ご使用前にパッチテストを行いましょう。

ホワイトバーチ ボディオイルの配合成分から見る特徴

ホワイトバーチ ボディオイルはマッサージ用のオイルですので、皮膚を柔らかくし皮膚になじみやすいオイルとして評価の高いアンズ核油とホホバ種子油を使っています。

血行促進成分が多く配合

ホワイトバーチ ボディオイルの特徴として、血行を促進する成分が多く配合されています。まずコムギ胚芽油ですが、血行促進作用をもつビタミンEが豊富に含まれています。次にヨーロッパシラカバ葉エキス、ブッチャーブルーム根エキス、ローズマリー葉エキスは収れん作用と血行促進作用を併せ持っています。

またコムギ核油には特有の香りがあるために、香料を併用することが多いのですが、香料としてはリモネンのさっぱりとした柑橘系の香りを使っています。リモネンには血行促進作用もあるので、むくみ対策、ひきしめ効果に適した成分と言えます。

このようにホワイトバーチ ボディオイルには、血行促進作用のある成分がたくさん配合されています。血行を促す効果がマッサージと相まって、確かに腕や足のむくみの解消に期待できそうです。

ホワイトバーチボディオイルがケアしてくれるもの

公式ホームページの製品説明では、ホワイトバーチ ボディオイルの働きについて、以下のように明記しています。
「ヒップや太もも・二の腕まわりの肌のざらつきをケアする」ことにより「なめらかでハリのある肌へと導く」こと。

この「肌のざらつき」とは何を指すかを考えてみましょう。肌のざらつきは、肌に触れるとわかると思います。どんな肌にざらつきを感じるかと言うと、ターンオーバーが乱れて角質が分厚くなっている肌、乾燥肌または荒れた肌、角栓がある肌です。

ホワイトバーチ ボディオイルの配合成分を見ると、血行促進の他、収れん・引き締め、皮膚コンディショニングの効果に期待できるオイルです。これらはターンオーバー促進、保湿、毛穴汚れの除去に効果的と考えられます。つまりざらつきのある肌をツルツルにしてくれる効果が期待できそうです。

ごわついた肌、乾燥した肌の状態を改善し、毛穴汚れを除去して滑らかな肌にすることがホワイトバーチ ボディオイルの本来の機能です。血行を促す成分とマッサージ効果により、むくみが改善されるでしょう。むくみに対する効果は、レビューに書かれていましたし、スリミング効果もむくみ改善によるものであれば、納得です。

全成分から見たホワイトバーチ ボディオイルのセルライトへの効果

以上見てきた結果からは、ホワイトバーチ ボディオイルに、セルライトそのものへの働きかけはないと思われます。けれどもセルライトでボコボコした肌は、ホワイトバーチ ボディオイルの血行促進、収れん、皮膚コンディショニング効果により滑らかな肌に改善されることで、いくらか効果があるように感じられるのではないでしょうか。

またセルライトそのものには効果がなくても、セルライトのあるところにはむくみがあると思われるので、むくみ解消はセルライト除去効果とは別物であったとしても、見た目にすっきり見えるので満足度は高いと思われます。ただしむくみは体質や生活習慣が変わらない限り時間がたつと再びむくむので、継続して使う必要があります。

ホワイトバーチ ボディオイルの正しい使い方

このようにホワイトバーチ ボディオイルにはセルライト自体を減らす効果はないと思われますが、むくみ解消には有効なオイルと言えるでしょう。セルライトに関しては、ホワイトバーチ ボディオイルを日常的に使用してむくみを継続的に取っていくと、新たなセルライトが付きにくく、脂肪燃焼しやすい体に変えていける可能性はあるでしょう。

結論
ホワイトバーチ ボディオイルは継続して使って日々のむくみを取り、適度なエクササイズで脂肪燃焼を促すという使い方をおススメします。
スポンサーリンク
koureimama336x280